【理想と現実】好きな街 鎌倉に住んでわかった5つのこと




今日もウワノソラヒルズのスタジオからお届けします、はい、青山バジルです。

以前鎌倉に住んでいたことがあります。
厳密にいえば北鎌倉なんですが、この辺は本当に癒されます。

いつかは鎌倉!という憧れがありました。
それで、横浜で仕事する機会が増えたことにかこつけて、これは鎌倉に住むしかない!と思って引っ越しました。

ただ、家族もいますから仕事上の本当に小さなワンルームです。
今でも鎌倉大好きです。
本当に、何度でも行きたいです。

鎌倉って、、、いろんなことがわかりました。

早起きして寺院へ!

これは鎌倉ライフを夢見た、最初の憧れていたイベントでした。
早起きして寺院へ行く。
そこで清々しい空気で深呼吸をする。
気持ちいい!1日がんばろう、生きててよかった!感謝!

そして天然酵母のパン屋で買ったパンを食べる。
おやすみは家族を招いてのんびり鎌倉散策。

もう、理想のセカンドハウス!!

彼女のお母さんもやってきまして、お寺を案内しました。
ゆっくりと、周辺を散策する。
風も心地良い。
そして、鎌倉の古い街並みを散歩しながらランチをします。
こうして自宅に帰るという理想的な生活じゃあないでしょうか。

と、そんなに甘くなかった・・・

虫が多い

初日から逃げ出しそうになってしまいました。
私、とにかく虫がだめなんです。
あんまり予備知識なく引っ越したものの、その虫の多さには驚きました。

自然豊かということはそういうことなんですね。

昔ながらの家屋が多い、ということはそういうことなんですよ。

でも、虫が多い。
乾燥しているリゾートのような土地ではありませんから、Gも少なくありませんでした。
少なくない、いや、

いやいやいや、多いです。

家屋も古いですし、隙間も多い。風通しは抜群なんですが。

とにかく混む

これはもう、移動に支障が出るレベルで混みます。

観光客の方々でごった返すのです。

車は大渋滞。

幸い私は電車移動がメインでしたが。

よし!仕事するぞ!という意気込みがなくなる

東京のビルに囲まれた、丸の内の41階のオフィス、とは違いますからね。

のんびりしてます。

それを求めてみんないらっしゃっていますし。

だから、毎日が穏やかな日曜日という感じです。

良いのですが、働き盛りの年代にはちょっとのんびりしちゃうかも。

コンビニが少ない

そういうことを求めちゃあいけないんでしょうが、生活するにはさほど便利ではありません。

お隣街の大船まで出るのが鉄則でした。

家電を揃えよう!と思っても大船。

夜に1人ごはんができない

ちょっと居酒屋一人ごはん、というわけにはいきません。

19時で終わりますから。

それに観光地ですので、リーズナブルにさくっと一人ご飯というわけにはいきませんでした。
もっと探せばあったのかもしれませんが。
で、解決策はお隣の大船に出る!でした。

以上、ウワノソラヒルズのスタジオから、それでももう一回鎌倉に住みたい青山バジルがお届けしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

青山バジル

アパレル企業経営者。 大手企業に新卒入社するも3年で退社。その後フリーター、フリーランスを経てベンチャー企業に入社。現在はアパレルの会社を経営しながら面接を行う日々。 大手から中小企業、フリーランスまで自分自身の様々な仕事経験から、働き方に悩むビジネスマンに向けてメッセージを役に立つことをお届けします。